2021.01.16

【2021年版】ドローンは撮影するだけではダメ!?プログラミング編

特集

1:ドローンは撮影するだけではなく、WEB制作と組み合わせることが重要

現在の動画に関する状況は日々進歩していて、今では誰も撮影後すぐにyoutubeのようなサービスにアップロードすることができます。
しかし手軽にアップロードできたからと言って、宣伝も何もしなければ誰かが動画を見てくれる見込みはとても少なく、ドローンによる撮影の際においても、作成した動画をどのようなWEB上のサービスを使用して公開していくのかを、より慎重に考えていく必要があります。
もちろんyoutubeは動画アップロードのもっともオーソドックスな候補となりますが、それに加えて自前で作成したWEBサイトを活用し、掲載していくのが見てもらうためには大きく有効となっています。
WEB制作を制作会社に頼むという方法もありますが、自分でみずから文章を書き、デザインを整え動画と画像を効果的に組み合わせて掲載することによって、より効果的に動画の紹介ができます。
また、自分でサイトに対する集客をTwitterなどのSNSを使いおこなうことで、多くの人に見てもらうチャンスが広がるため、ここでは自前でWEBサイトを制作し、ドローン動画と組み合わせていくことをお勧めします。

2:最低限、Drone×Wordpressを構築できるようにしなければならない

撮影したドローン動画を見てもらうためのWEBサイト制作にあたり、Wordpress環境を構築して、記事や動画を投稿していくやり方を覚えてもらうのが最低限必要です。
通常のWEBサイトとくらべて、なぜWordpressが現在多くの個人サイトや企業サイトから選ばれているのか、いくつかの理由をメリットとデメリットを踏まえて見ていきましょう。
まずWordpressの利用率は全世界の25%程となっていて、ホームページ制作の際にもっとも使用されているCMS(コンテンツ管理システム)となっています。
多くの人が利用しているという事で、読者にとっても馴染みやすいバランスのデザイン構成となっている点は重要であり、使いやすい多くの洗練された機能性も評価されています。
またWordpressを使えば個人でも簡単に更新を管理することができるので、WEBの制作会社に頼んだときのようにコストがかからず、思いついたら素早く記事の更新・修正をおこなう事ができます。
複数の人間で記事を書いて管理する場合でも、管理者や編集者権限の設定が簡単であることも大きく評価されている部分です。
そして何より一番大きいのは、SEOを意識した文章を作りやすい事です。Wordpressはブラウザ上で管理するため、HTMLでページを制作する場合よ比べ、新しくページを作成したり、既に公開済みのページを手軽に編集・更新するしたりすることができ、SEOに対する細かな修正を加えることが用意であり、検索サービス上位の表示を狙うための工夫を凝らす事ができます。

3:最速で「稼げる」エンジニアになるための、実践的なWebエンジニアリングスクールRaiseTech(レイズテック)のご紹介

RaiseTechは前述したようなWEB制作の知識を最速で学び、活用する事ができるエンジニアになる事ができる、Webエンジニアリングスクールです。
RaiseTechは現場主義での教育に特にこだわっていて、受講開始から最速四ヶ月で実際にお金を稼げるエンジニアになることができる、実戦を重視して授業をおこないスクールとなっています。
ドローン動画を掲載するためのWordpressでのWEB制作技術はもちろん、クラウドコンピューティングを用いたAWSでのインフラ環境構築やインフラのコード化、自動化、DevOpsといった技術のほか、オーソドックスなプログラミング言語であるJavaも学べ、受講期間の終了と共にすぐにでもエンジニアとして就職したり、在宅をはじめとする副業で稼ぐことのできる力を養う事ができるようになります。

4:RaiseTech(レイズテック)とは

RaiseTechは実践力を追求し、徹底した現場主義の教育方針を取っていて、そのため在籍している講師は現役のエンジニアのみがおこなっています。
講師人が現場でおこなっている最新の制作状況を取り入れておこなうため、Javaひとつとっても単純なプログラム技術の習得だけではなく、サーバー知識やバージョン管理、フレームワークといった現場で今求められている技術も合わせて指導してくれるので、受講者も現場で実際に仕事をおこなうのに近い体験をすることができます。
受講期間中の質疑応答は無制限におこなっていて、現役エンジニアである講師達に好きなだけ質問することが出来ます。とにかく受講者を挫折させない、というサポートを重視していて、それぞれの現在の技術チェックから進捗管理をおこない、状況に応じた補講やビデオ通話によるマンツーマンでのレッスンもおこなっているという、家庭教師さながらのWebエンジニアリングスクールとなっています。

5:RaiseTech(レイズテック)の強み

前述したように、現役エンジニアによる、現場で実際に役に立つ技術のみ教えるレッスンに加え、プログラミング未経験者でも挫折することがない全力でのサポートが、RaiseTech にとって特に大きな強みになっています。
その他にもRaiseTech の受講料は2カ月 ~ 4カ月で¥248,000 ~ ¥398,000と他の一般的なプログラミングスクールと比べて半額近く安く、授業はオンラインによる録画があり、受講時間は自由となっているので、日々の仕事に忙しい人でも、自宅から電車での移動時間まで、場所を選ばず好きな時に受講することができ、隙間時間に勉強することができるのも魅力的です。
初心者からでも最速で「稼げる」エンジニアになってもらうため、オンライン上においても質問は無制限におこなうことができ、補講やマンツーマンレッスンもおこなえるので、独学で技術を身につけるのが苦手だという人でも安心です。
またWordpressやJAVA、AWSのような技術は現在非常に仕事先や個人で受注できる案件があるため色を見つけやすく、RaiseTechからも仕事案件を受講者に紹介しています。

6:RaiseTech(レイズテック)への申し込み

公式ホームページより受講したいコースを選択し、各入力項目を記入してください。その後送信ボタンを押すと、仮申し込みが完了されます。メールの確認後、スクールより返信が来るので待ちましょう。
メールの返信後、内容に従って料金の支払いをします。支払い方法はクレジットカード払いまたは銀行振込から選ぶ事ができます。クレジットカード払いはVisa、Master、JCB、Amexに対応、分割払いにも対応しています。(3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回)
各フルコースには2週間の体験期間があり、期間内であれば全額返金保証致をしています。学生の場合、学生証を提示することによって¥100,000 ~ ¥160,000も安くなる学割や、開催月のふたつ前に申し込むことによって、10パーセント授業料が安くなる早期割引もあります。