2020.08.23

ドローン起業に必要なお金

特集

テレビや動画配信サービスで、「ドローン」を使った空撮映像を見かける機会が多くなりました。また農業や物流、様々な調査などにもドローンは利用されており、すでに我々の生活に大きな影響を与えています。ドローンビジネスとして大きな可能性を秘めている存在であり、このビジネスに挑戦しチャンスを掴むのならば、今こそが動き始めるべきタイミングなのです。

ドローンビジネスをはじめるなら今

・2016年 約350億円

・2017年 約500億円

・2018年 約900億円

・2019年 約1450億円

上記したのは各年ごとのドローンビジネスの市場規模の値です。飛躍的に成長しているのがわかりますが、専門家の予想では2024年には5,000億円を超えると言われて今後も右肩上がりになることが予想されています。今のような市場の成長過程のタイミングで参入することで、大きなチャンスを掴みやすくなります。

自宅で会社設立を準備するなら マネーフォワード 会社設立

ビジネス成功には資金調達が重要

ドローンビジネスはこれからの成長が約束されていますが、ビジネスを成功させるためには「資金調達」が何より重要です。素晴らしいアイデアや技術があったとしても、起業に必要なお金や維持費が確保できなくては成功は期待できません。これはある程度の体力がある企業ならば大きな問題にならなくても、個人事業主としてビジネスに挑戦する場合には、大きな悩みとなるかも知れない問題です。

ドローン事業に必要なお金

ビジネスとして行うにはドローン機材そのものの購入は必須です。例えばレンタル業を行うのであれば複数購入が必要になりますし、空撮などを事業として起業するのであれば、撮影した映像を処理するためにパソコンなども必要となるはずです。技術や知識を保証するための免許の取得や、機材に保険をかける為にもお金が必要となります。

参考価格

PC:MacBook Pro 15万円〜20万円程度

ドローン:DJI Mavic 2 Pro 20万円程度

編集ソフト:Adobe premire pro 月額2480円or月額5680円

ドローン免許:5万円から20万円程度

個人事業主の強い味方「テックビズカード」

事業の為にまとまったお金を用意したくとも、起業に必要なお金を個人事業主の方が銀行から借り入れするのは容易ではありません。ですが個人事業主向けのビジネスカードを活用すれば資金調達の難易度はグンと低くなります。特にこれからご紹介する「テックビズカード」ならば、個人事業主をサポートしてくれる特典を数多く持っており力強いビジネスのパートナーとなってくれるはずです。

「テックビズカード」を選ぶメリット

テックビズカードの国際ブランドはMasterCardですので、国内はもちろん海外でも幅広い地域で利用することができます。さらに初年度は年会費無料で、2年目からも税別2,000円となっており年会費の負担もわずかです。その上、以下に紹介する様なビジネスをサポートしてくれる様々なサービスも提供しており、活用することでビジネスの効率化やトラブルを避けられる様にもなります。 ・カードの利用情報を「クラウド会計ソフトfreee」へ自動的に取り組むことができ、効率的に経理業務を行うことが可能(有料サービス) ・「テックビズ税務サポート」により毎月の記帳作業や確定申告作業を税理士に代行してもらうことができる(有料サービス) ・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)や国内旅行傷害保険(1,000万円)など、各種保険が充実している

他にも使って得するサービスも!

・1,000円の利用ごとにポイントが貯まり、アマゾンギフト券などにも交換可能(ポイント還元率は最大1.1%) ・出張時に嬉しい「国際線手荷物無料宅配(2個)」や「国際クローク優待サービス」などが受けられる ・オリコのETCカードが年会費無料で申し込みできる

「テックビズカード」の申し込み方法

テックビズカード

1.上記のURLから公式サイトへアクセスし、「カードの申込みはこちら」からテックビズIDにログインまたは会員登録を行う 2.会員規約などを確認し同意した後、申込み手続きを行い審査を受ける 3.オリコから送られてきた書類を確認し、本人確認書類と共に返送

「テックビズカード」で資金調達の不安を解決

国内はもちろん海外でも使い勝手が良く、付帯サービスも豊富なテックビズカードを持っておけば、日頃の資金調達の悩みを大きく軽減することができます。これからドローンビジネスに挑戦しようと考えている方は、このカードが一枚あることで大きな安心感を得られる様になるはずです。