2018.01.18

ドローンはどんな仕事で活躍できるの?

基礎知識
都市を飛ぶドローン

ドローンの仕事といえば「空撮」

ドローンを活用した仕事として最初に思い浮かべるものは空撮ではないでしょうか?
近年ではテレビの旅行番組や報道番組でもドローンを使った空撮による雄大な景色が使われることが増えました。持ち運びが簡単で、空からの映像を高精度で撮影できるとあって、今では撮影現場でも非常に重宝されています。そういったドローンの空撮を仕事として行っているのが、ドローン操縦士です。

個人へと広がったドローン空撮

最近では、マイクロドローンやホビードローンを活用し、雄大な空撮を楽しむ方も増えています。これらは個人でも扱いやすい価格帯であり、規制対象となる200gよりも重量が軽い機体も多いため、気軽に購入して楽しむことができます。また、その経験をもとに空撮の仕事を請け負う事業を始められる方もいます。
ドローンの操作はラジコンヘリコプターに比べて簡単だといわれることもありますが、実際に事業で活用をするには必要な空撮技術の向上や安全基準や法規制の知識を得る為にドローンスクールに通うことをおすすめします。

実際にドローンを飛ばすには

ドローンを事業で利用するにあたっては、やはり飛行禁止区域や安全基準についてしっかりと学ぶ必要があります。最近はドローンの法整備が進み、ドローンを飛行させられる場所は航空法によって定められています。200g以上の機体が規制対象となり、基本的に空港周辺や人口集中地区、また150m以上の高さは禁止区域となります。詳しくは国土交通省のホームページをご覧ください。