2018.01.18

ドローン民間資格

法規制
ドローンの免許

テレビ番組でも活躍するドローン

最近はテレビ番組のロケなどでも、狭いところから急にカメラが急上昇して、タレントを俯瞰で撮影するという場面が増えてきました。これはどのように撮影しているのかというと、ビデオカメラを搭載したドローンを使っています。垂直離着陸は、従来のラジコンヘリでも可能なのですが、ドローンはラジコンヘリより空中での安定性が高く、操縦性にも優れており、小型でもビデオカメラの搭載が可能なことから、映像撮影の場面で使用される機会が増えてきました。
ただし、安定性が高く操作性に優れているといっても、操作に慣れていない初心者にとって、ドローンの操縦は簡単ではありません。特に仕事で使う際は、住宅地などで使われるケースもあるため、事故を起こしてしまう危険性も高まります。

ドローンスクールと民間資格

ドローンを使って仕事がしたいという人は、まずはドローンスクールに通うことをおすすめします。ドローンには国家資格はないので、就職に必須の資格というものはありませんが、ドローンスクールでは民間資格を取るために、さまざまなカリキュラムを組んでくれています。主要な資格に関しては「ドローン講習管理団体が認定する資格とは?」でまとめておりますのでご参考にしていただければと思います。ドローンスクールでは、ドローンの操作を基礎テクニックから応用テクニックまできちんと教えてくれるので、資格と合わせて就職活動をすれば、採用担当者への強力なアピールになります。初心者でも呑み込みの早い人なら数日から一週間ほどで習得できるので、興味のある方は受講しみてはいかがでしょうか。